サイトの更新2015/02/19
ホームページ一部を
修正・更新
2018/10/17





ttplanning・ ホームページ
「人間とは何か」を追求
代表 田代勇夫
227-0051 横浜市青葉区
千草台25-5 A6
e-mail: tashiroi227@gmail.com

Tel/Fax:045-973-5281





身体の健康をつかさどる栄養素材と心の健康を確定する脳の栄養と信仰,これがキーポイントとなって
人間の活動を決め、社会に対しどのように貢献するか重要な課題である。

TTプランニング代表。プロフィール

193512月、佐賀県三養基郡鳥栖町(現鳥栖市)に生まれる。58年、佐賀大学文理学部物理学専攻卒業後、理研光学工業株式会社(現リコー)入社、技術本部技術企画部長、経営企画室事業開発部部長技師、技術企画本部新技術調査室長、商品企画推進本部商品企画推進室長など要職を歴任、95年に経営企画室参与で定年退職を迎える。この間、海外勤務や社史編纂などにも携わる。96年、TTプランニングを設立、代表としてコンサルティング活動を行う一方、99年には実家の有限会社田代建設の代表取締役に就任。同職退任後は佐賀大学産学官連携推進機構客員教授などを務める。50歳から始めた趣味のフルート演奏は、国際コンクールで入賞するほどの腕前だ。(著者単行本より)


私の身体と心の健康に影響を及ぼした12の出会い
1)就職(1958/4)理研光学工業(株) , 現(株)リコー
2)米国駐在(1973-1979), Ricoh of America Inc. VP R&D
3)技術企画ー(社)企業研究会での活動(1983/4-2003/1)
4)フルート奏者:岡村考二先生に師事(1986-)
50才で初級から始めて国際音楽コンクールに出演するまで、
5)
人間、この未知なるものーAlexis Carrel(1912年医学・生理学ノーベル賞))
6)リコー定年退職(1995/12)ー(有)田代建設の経営(1999/1-2003/1)
7)五十嵐歯科(玲子先生)(2001-) 
80才までフルートが吹けるような自分の歯を大事にしてくれる
8)仏教徒・導き親との出会い(2004/1/8-)  真の仏教の教えをいただき、利他行を続けている
9)佐賀大学・客員教授(2004/4-2011/3)
10)Naturally Plus(スーパールテイン)導き親との出会い(2005/5/13-2013/9/22)
11)佐賀大学と東京佐賀県人会との出会い(2006-)
12)
Morinda導き親との出会い(2013/2-)(Tru AGE 21才ー2013/6/20測定結果)

AGE.html へのリンク
Amazon.co.jp
注文受付中



田代勇夫著 単行本を発売しました。


ttps://www.amazon.co.jp/dp/4774516031

だから「人生第二ステージ」はおもしろい
目次
はじめにー定年は「人生第二ステージ」のスタート

第一章 いまの自分をつくってくれた、厳しかった会社勤め

第二章 アメリカ生活で学んだ企業人として大切なこと

第三章 第Ⅱの人生、スタートするなら早いほうがいい

第四章 懐かしい故郷が、私を待っていてくれた

第五章 50歳から始めたフルート演奏が、人生に彩りを

第六章 健康な体、健康な心が生み出す人生のエネルギー

おわりに
キーワード
ビッグバン(Big Bang)
ハッブルの法則
137億年前
宇宙の膨張/
ダークエネルギー
クオークと反クオーク

世界4大宗教
神の存在
霊界と霊能
<「人間とは何か」主目次>

「人間とは何か」を著した5人の著書紹介へ---5authorsenglish(英語)
「人間この未知なるもの」   1935年  Alexis Carrel, alexisの解説へ
「遺伝子で探る人類史」    2003年  John H.Relethford ,johnの解説へ
「人類進化の700万年」     2005年  三井誠、 mitsuiの解説へ
「人間とは何か」         1991年  Carl F. von Weizsecker, carlの解説へ
「ゲノムと聖書」           2006年 Francis S. Collins francisの解説へ

田代論文「人間とは何か---科学と宗教は矛盾していない」へhuman
 ---はじめに、人間とは何か-概要、 thesis1 概要へ
目次 contents.へのリンク目次へ
第1章 人間の始まり chapter1 第1章へ
第2章 人間のたどっている道 chapter2. 第2章へ
第3章 世界の宗教 chapter3.第3章へ

第4章 正しい宗教と人間の生き方 chapter4. 第4章へ
第5章 人間が正しくいきるためには chapter5.第5章へ
第6章 人間は如何に生きるか chapter6第6章へ
第7章 生きる喜びと健康 chapter7人間の細胞とメカニズム
田代勇夫の体験と
WHO の健康の定義
第7章補足
78
年間全く大病の経験がなく、治療のため入院もしたことがなかったが、2014(平成26115)
突然黄疸を患い、昭和大学藤が丘病院に入院し、遠位胆管癌と診断されました。1122日に一度退院、
1210日再入院、13日退院し、その後2015122以来、抗がん剤投与のため通院している状況に
あります。
1年間の投与を続けた結果、20151216日、80才の誕生日に抗がん剤投与を終了しました。この間に、世間では多くの有名人が同じ病名のため、若くして他界されました。私はなぜ
生き残っているのか、本ホームページの内容の中でそれが明らかになっていくと確信している。


Health is a state of complete physical ,
mental and social well-being and not
merely the absence of disease or infirmity

遺伝子
DNA mRNA
ヒトゲノム
たんぱく質と栄養素

人間に関するバイオ技術へlifescience

人間の細胞とメカニズム ---昔ながらの人間の知恵, 極限状態に置かれて生命の遺伝子, ガンとDNA
食物の消化と吸収・代謝, 脳の働きと栄養, 年老いてボケないよう、ガンにならないようどうするか?


海外旅行記へtripinforeign---ブータン、ホータン、張家界、ベトナム、西安・九寨溝の旅, 台湾一周旅行
<
リンク先一覧表

ttplanningenglish(英語)

thesis1人間とは何か-概要
5authors  5authorsenglish

contents
cell
AGE.html へのリンク
tripinforeign


humanclassify.html 文献集
lifescience人間 に関するバイオ技術情報へ
健康生活六カ条と私のサプリメント体験












































 栄養と健康 *人間の体は約60兆個の細胞からできている。

1)生物の細胞はDNAの塩基配列によって保存されている遺伝情報をもとに、タンパク質をつくる。
2)細胞の増殖、分裂、死滅は繰り返されている
3)細胞の中にあるDNAmRNAを通して体内の各器官に指令を与えて、タンパク質を合成していく。
4)タンパク質は身体のあらゆる部分の部材である。
5)生きていくためには、身体にエネルギーを与え続けなければならない。
6)細胞内のミトコンドリアがエネルギーを供給して常にタンパク質を維持している。

*人間はつねに外部からエネルギー源を取り入れ、吸収している。

7)食物の中の栄養素は小腸、肝臓で代謝が行われ、各臓器に運ばれて吸収される。
8)医薬品やサプリメントは植物や動物の持っている薬の素や毒素を抽出、分析、合成等をしてその有効成分
を多量に含む材料である。従って、食物よりはるかに効果を与えるのである。

9)人間を含む動物の体内にはチトクロームP450というタンパク質が存在する。これは肝臓で薬物を代謝する
酵素である。この酵素の働きが鈍い人は薬を多く取り過ぎると、血中に残り副作用がおこる。逆の場合は薬
を飲んでも効かない。このように薬やサプリメントは人によって良く効く人と効かない人が生じるのである。
 

*薬やサプリメントは有効成分がすぐに効くわけではない。
10)サプリメントを飲み始めて、効く、効かないと判断してすぐに止めてしまうのは大きな間違いである
ことが理解出来よう。

11)薬やサプリメントの栄養素は口から入るものばかりではない。皮膚の表面から浸透して体内に吸収さ
れる有効成分もある。これらは直接的にタンパク質に働くので、効きやすい


* Morinda 社のノニジュースは多種類の栄養素を含んでおり非常な効果がある

  

  2014/10/07 撮影

     
Morinda  USA 本社

   333 West River Park Drive ,Utah USA

2015/04/25 撮影 

Morinda Japan : 160-0023東京都新宿区西新宿3-2-2 モリンダビルディング


   

体内細菌と健康生活
(栄養と健康に関する参考資料 5      
人間が口からとり入れた食物や、薬品、サプリメントはどのように体内で動いて行くのか?最近の著書から引用してその
アウトラインを示そう。人間の体の中には約100兆個の腸内細菌が住んでいると言われている。その大きさは0.5ミクロンから数ミクロンの小さな生き物である。例えば、大腸菌は幅0.5ミクロン、長さは2-3ミクロンである。ウイルスはさらに小さく、細菌の10分の1以下である。腸内細菌は害になるものばかりではなく、ほとんどの腸内細菌は人間の健康のために働いているので
ある。

腸内細菌は人間が食べた物を栄養にして増殖を繰り返す。無限に繰り返すわけではなく、自分達が生きていくのに必要なだけ増殖する。腸内細菌は人間が食べた食物の消化を助ける。口の中で細かくされた食物は食道を通り、胃に送られる。
成人の胃の大きさは1.2-1.4リットル、胃の中では塩酸タンパク質を消化するペプシンによって食片を細かく粉砕する。
そのあと胃のぜん動運動によって十二指腸へ送られる。十二指腸は小腸の一部で、小腸は長さが約6メートルもある。
十二指腸には肝臓から胆管を通して、脂肪の消化を早くする胆汁が流れ込む。膵臓からは膵管を通して膵液が流れ込む、膵液はタンパク質を消化したり、脂肪を脂肪酸とグリセリンに消化したりデンプンを消化したりする役割がある。

健康な人の食物が移動する時間は、平均すると胃で約4時間、小腸で3-4時間、大腸で10-20時間滞留する。この間、小腸で大部分の栄養分が吸収され、長さ約1.3メートルの大腸では、水分とミネラル分が吸収され、大腸の後半部でウンチが作られ、肛門から排出される。ウンチの三分の一は腸内細菌で80パーセントは水分、残りの20パーセントは固体物質からなっている。

このように食物がいろいろな器官を通りながら消化される間に、各栄養素は代謝され、吸収される。体内には多くの分泌
器官を持っている。脳下垂体、唾液腺、甲状腺、副腎、膵臓、各消化管などでホルモンが分泌され、全身の物質代謝を調節する。これらのホルモンは特定の細胞で分泌され、特定の組織で作用する。しかしこれらの量は極めて微量である。
われわれの体は、このように食物などから栄養分を取り込んで、細胞分裂を繰り返し、各組織が新しく入れ替わっていくのである。正常細胞の分裂周期は、
  血小板----3-10日、 白血球----10-14日、赤血球----約4か月、胃腸粘膜----3-5日、皮膚----約一カ月、
  筋肉 ----約三カ月、 骨----7-10年
であり、増えすぎないように秩序を保っているのが正常細胞、無秩序に増え続けるのがガン細胞である。

私の健康生活六カ条
以上のように、身体の中は規則正しい化学反応を繰り返しながら、われわれの命は保たれているが、これを継続するには規則正しい日常生活が保たれなければならない。私は次のような生活を続けている。

1)早起き、早寝
2)規則正しい食生活 栄養のバランス(
不足分はサプリメントで
3)間食をしない
4)人生の目標を持ち続ける---「人間とは何か」を追求
5)ストレスをためない---仏教に対する強い信仰を持ち続ける
6)音楽・フルート演奏---右脳の活用と腹式呼吸の効果



人間の人間性と行動---何が善か?

<序論>
このホームページは、1912年にノーベル生理学・医学賞を受賞したアレキシス・カレルが人間の活動形態と体液の関係を詳しく調べた結果、人間の中で酷い悪者達の体液成分が善なる人達とは異なるようだと観察した結果から始まっている。これまで種々の立場から「人間とは何か」を追求して書籍として出版した5人の著者を紹介することから出発して、人間の活動・行動を支えるのは生理学的性能を決める食物・医薬品・サプリメントであることを考察してきた。その中で、社会に影響を与える人間の活動の基本は人の心の問題であるとの結論に達した。心の問題に影響を与えるのは各種の酵素・ホルモンであり、それらのホルモンの分泌は食物等のみならず、脳の刺激により影響されることを考察した。

脳の刺激とは全て、学習であり、教育である。生まれたばかりの人間はみな平等であり、栄養と教育によって臓器(あらゆる人間の構成部分=皮膚、内臓器官、脳、骨 etc.)は成長を始める。但し人間の生まれた祖先からの遺伝子が異なるために各臓器の成長度合いは人により異なる。さらに人の置かれた環境にも依存するのである。その結果同じ家に生まれた兄弟、姉妹であっても大人の仲間入りの時期には大きな差異を生じることになる。人の置かれた環境とは、物理的環境とは別に心の環境がその後の成長に大きな影響を及ぼす。心の環境とは親や兄弟の教養、思想、にも依存し、宗教の考え等が大きなファクターとなる。

<人間性が影響する現在の世界の実例>

(1)イスラム過激派
ISISのグループに参入した若者達がゲリラ活動により世界の人達を震撼させている現状はどうすれば解決出来るのか?毎日のようにTVでは専門家が集まり議論しているが、即解決策は見つからない。ヨーロッパのような自由な国の国境を超えて参入するゲリラを腕ずくで抑えることは限界があることは明らかである。問題はその源を断ち切る活動へ展開しなければ解決策を見つけることは難しいだろう。源を断ち切るとは過激派グループの思想が根本的に間違っているのである。イスラム教徒の数は世界一であり、そのほとんどの人はイスラム教を正しく理解しており、過激派はイスラム教が始まった当時のムハンマドの言葉を自分の都合のよい方へ曲げて解釈しているだけであって、これはイスラム教ではない。従って、米国大統領候補のTrumpのようにアメリカからイスラム教徒を追い出せという思想はとんでもない間違いなのである。

イスラムの若者が何故過激派に走るのか?それは経済問題である。フランスやベルギーに住んでいるイスラム教徒の若者達は毎日の生活の中で、自分たちが如何に不遇かと勝手に悩んでいる。それに比べヨーロッパやアメリカの連中は贅沢な環境で生活をしているではないかと勝手に考え、新しい道を選ぶ積りで過激派に走る単純な発想なのである。ISISの指導者はこれを利用して若者を集めムハンマドの思想を世界に繰り広げるという暴挙を進めているのである。テロリストとして死ねば素晴らしい天国へ行けると騙された若者が後を絶たない。これが大きな間違いであることを指導者と若者たちに教える工夫が必要であるが、現在のところ、名案はない。イスラム教の良いところは世界の食べるに困っている教徒を助けている。その結果、世界一のイスラム教徒数を数えているのだから、これは利用しなければいけない。

(2)利他行の心
人間と仏教のところでも述べたように仏教の基本は利他行である。他が為に、全ての生活行動を基本に考えればイスラム過激派のような行動をとる人はいない。日本に仏教が導入された時から、日本人の心には仏性が育まれていると考える。日本人の行動は世界に自慢をするべき素質を持っている。しかし日本人の全ての人が100点満点だろうか?それは違うようである。日本人の多くの人が仏性を持っていると言っても真に仏教を信じ、修行をしているかと問えば、極めて少数の人しかいない。多くの人が日常生活に追われ仕事をこなし、収入を得ることが精一杯であるように思われる。仏教徒ではない日本人の多くが日常の生活の中で都合のよい道を選んで、自分勝手な解釈で生活を営んでいるのが現状であろう。

(3)「宗教消滅」は真実か?
宗教学者、島田裕己氏による著書「宗教消滅」--資本主義は宗教と心中する、が出版された。(参考資料 chapter5 27)
著者はまず序章で日本の新宗教の実例を挙げている。PL教団や創価学会の信者数がこの24年間で半減していると指摘、そのため教団の収入が著しく低下して教団活動が停滞していると主張している。唯一信徒数が増大しているのが真如苑であるとのデータも示されている。ここまでは文化庁が出版した宗教年鑑によるデータにもとずいているので正しいであろう。この部分は新宗教に属すると言われている宗教団体の実情であるが、世界の4大宗教に関して、キリスト教は特にヨーロッパで信者離れが著しく、イスラム教だけが勢力を拡大していると述べている。これはイスラム過激派のパリ事件以来、そのように感じられるのは事実である。しかしこの著者は多分、信仰者ではないであろうから真の宗教信仰者とは何かが分かっておられないと思う。

 宗教団体の中に、信者数が多いからといって、全ての信者が真の信仰者だろうか?そうではないと言いたい。世界4大宗教の、例えばキリスト教信者でも、仏教徒でもほんとにその教えを実践しているかどうかである。多くのただ形だけ信者として祈りに参加している人もいるであろうし、イスラム教のように食べるために所属して、メッカに向かって礼拝をしているような人も多い。しかしどの宗教においても、真の教えに従って忠実に実践する信者が大部分なのである。これらの人達が2,000年にも亘ってそれぞれの宗教を守ってきているのであって、これが資本主義によって消滅するとは思われない。
資本主義自体も行き詰まりを感じている今の世界経済である。これは人間の社会活動の手法であって、宗教はその上の方から人間の心の真理を示しているのであって、政治活動や経済活動は別の世界である。もちろん人間が生きている以上、社会生活が経済システムに影響を受けることは免れないのだが。(2016/5/27)


(4)右能の活用、フルート演奏

岡村孝二フルート教室:
東急田園都市線たまプラーザ駅徒歩3分  Tel:045-901-3569


岡村フルート教室ではアマチュアからプロのいろいろのレベルの生徒が通って、毎週一回の練習を続けている。
それと並行して、土曜日隔週月2回のアンサンブルの練習が行われる。その成果はほぼ2年に一回の発表会が行われ、プログラムの中で成果を公表している。
岡村フルート教室定期発表会にて

2016年2月13日東京港区サンサン赤坂老人介護施設にて


2017年7月1日サンサン赤坂老人介護施設にて




(5)似顔絵の学習
2017/8/1日本創芸教育の似顔絵講座に参加しました。基本の学習をスタートして6か月で卒業できるか、チャレンジが始まりり、
2017/12/20 無事卒業して似顔絵師の認定証書を頂きました。これからが新しい修行です。

まずは田代勇夫の自画像から開示していきます。





nigao001 nigao002
田代勇夫の似顔絵

次の似顔絵はだれでしょう?

nigao003


<情報リンク先一覧表>
参考資料(3)
 佐藤有文 「超古代文明の謎」 平成元年5月10日 初版 グリーンアロー出版社

参考資料(4)
 Antony Avenel著 遠藤昭則訳 「宇宙・生命・ウイルスの設計者たち」中央アート出版社

参考資料(5)
 白取春彦 「世界四代宗教の経済学」 2006年12月18日 第一版 PHP文庫


TruAGEへのリンク


「人間とは何か」参考文献



田代勇夫のエッセイ

  ttplanningのテーマ「人間とは何か」とも関連して今後、思いつくままの短いエッセイを掲載していきたい
と思います。但し書いてから内容に関してもよくなかった点が見つかったらすぐに修正か削除することにして、
表題のみを残していきます。これがインターネットのメリットだと考えます。

エッセイ001 人間の能力開発と死(2018/2/28)

     002 立派な出版社と卑怯な悪者たち((2018/02/21)

     003 2018年田代勇夫の目標(2018/04/04)

     004 地球上の人間の発生と超古代文明の謎(2018/04/18)


エッセイ001{ 人間の能力開発と死}(2018/04/04修正)

   
人間生まれながらにして能力があるわけではない。約400万年前に地球上に人間が登場したとき、
  おそらく他の動物たちと同じように過酷な生存競争の中で、弱肉強食の世界の中で残ったわずかな
  者が我々の祖先である。何故生き残ることが出来るのか? それは人間の身体の構造と各器官の
  役割が多くの専門家によって細かく解明されていき、その結果機能の精密さは驚くべきものであることが
  わかってきたのである。人間が生き残れたのは、その機能を活用しているからである。
   私こと、2014年11月に、突然生まれて以来78年間経験のなかった二つの大病に見舞われた。
  最初は黄疸に始まって、遠位胆管ガンと診断され、その1年後には不整脈が起こり、数回にわたり
  路上で転倒し救急車のお世話になった。昭和大学藤が丘病院に運びこまれ、非弁膜症性心房細動
  と診断された。
   この二つの大病に対して、藤が丘昭和大学病院で精密検査、手術等が行われ医学の進歩を細かく
  理解することが出来た。前に紹介した私の単行本にも紹介したように同じ病名で有名人が、若くして
  逝去された。それから数年たった今も抗癌剤投与を続けながらいろいろ活動をしている、幸せな人生
  をおくっています。

  人間だれでもいずれ終わりの時を迎えるわけで、死を逃れることはできません。それまでに何を
  達成するかであります。昔プロの画家が富士山の絵だけを描きつづけ、100才過ぎるまで生きられた
  方がいらっしゃいました。まさに右能を使い続けることにより、認知症にもならず生き続けることが可能
  なのであります。

  
エッセイ003{ 2018年田代勇夫の目標}(2018/0404新規)

    
私の二つのホームページ、ttplsnnning と本TTプランニング(田代のホームページ)に紹介して
  きましたように、82才を越した今でも、毎日パソコンに向かって活動しています。そこで紹介しています
  ように、次の三つが主たる活動です。
 
 1)フルート演奏力の向上
   50才から始めた岡村孝二先生の指導よろしく、基礎を確実に初歩から始めた演奏能力を
   本年(2018年4月30日)の青葉公会堂で披露しました。ソロとアンサンブルに登場しますが、ソロの曲は
   難しい ドップラー作曲のハンガリー田園幻想曲のMolt Andanteの部分7分程度です。現在、完璧に
   演奏できるように暗譜の努力も続けていますが、発表会終了後は残りの全曲を完璧に吹けるように、
   何かの講演会等で必要なときはモルトアンダンテの部分を暗譜で吹けるようにすることを、
   2018年の一つの目標としています。

 2)心の健康の向上
   仏教の信仰を続ける真如苑に入信してから13年以上が過ぎました。教師の資格を数年前に得ており、
   昨年は得度受戒相承、京都醍醐寺からの仏教を広めるための相承印信を得ているのですがこれまで
  、利他行のための行動を怠っていると反省し、信仰者を一人でも増やすことを目標とします。

 3)ホームページと似顔絵の向上
   昨年、似顔絵の講習を受けホームページの中で活用始めました(この次の欄に見本)が色彩を取り
   入れないでペンのみで人の特徴を出さななければならないが。まだ努力が足りないので、これを目標に
   ホームページを充実していきます。田園都市線の池尻大橋ではMorindaの講習会を常時行っており、
   ノニジュースの効果が如何に大きいかを示したいのですが、これも今年の目標に掲げます。 

エッセイ004[地球上の人間の発生と超古代文明の謎」(2018/04/18)
  
 
  参考資料(1)の冒頭にも解説したように宇宙は約137億年前ビッグバンに始まり、約45億年前に
  地球が生まれた。「人間とは何か」を著した5人の著者紹介に挙げたフランシス S.コリンズが述べて
  いるように、気の遠くなるような低い確率の中で生まれた地球に我々は住んでいる。約700万年から
  400万年前に現れた我々人間の身体構造はほとんどか変わっていないと思われるが、人間の身体は
  すべて細胞からなり、DNA遺伝子によって受け継がれている。
   その奇跡的な地球と人間の過去をたどると、地球は人間のために何者かによって設計されたのでは
  ないかと思われる程不思議なのである。多くの国の考古学者が各国に秘められた遺跡を研究して多くの
  ことがわかってきているが、日本は木造の建築が主体のため、残された遺跡がきわめて少ない。
  しかし、参考資料(3)に示した佐藤有文氏の「超古代文明の謎」、参考資料(4)に示した
  Antony Avenelの View From OrbitⅡ宇宙・生命・ウイルスの設計者たちを読むと
 、数千年前の古代文明が日本にもあったことが窺がえる。
   それでは、この宇宙と人間は科学の解明があらゆる面で日進月歩の状態、人間の化学もほとんど解明
  された今日、全知全能の神が作ったのか、偶然に出来上がったものか? 分かれるところである。この
  自然の秩序を元に旧約聖書が生まれ、世界の4大宗教が続いている。参考資料(5)世界四大宗教の
  経済学を読めば、なるほどと肯けるだろう。
   
田園都市線TTプラン二ングG の仲間達

目的: 男女を問わず、身体と心が健康で年老いても元気に活動する人々のために

      情報提供と材料を提供します。

  半蔵門  Myrodia pelargoniumアロマセラピスト登録グループ
             102-0082 千代田区一番町3-3 Racine一番町4階  03-6261-2729

     代表 於保 啓子さん   佐賀県出身 

      *臨床心理カウンセラー、*
AEAJアロマセラピーインストラクター、*アロマセラピスト、

      *JHA認定ベビーマッサージ指導講師、*ソテイル認定セラピストトレーナー、

      *平成142月~白金台プラチナ通りにて、プライベートサロン経営、

*平成27年~一番町サロンオープンして、多数のスぺシアリストを抱えて経営している。

        ホームページ: http://www.myrodia.com/staff.html


池尻大橋  Morinda Japan エリコカンパニーグループ

        武谷美奈子さん     長津田在住

        福祉住環境コーデイネーター
       
  
       年間
50回程度社会福祉協会などが主催するセミナーの講師をする傍ら、多くの

       テレビ
ラジオ・新聞・雑誌などでコメンテーターとして活躍。日経BP社より共著にて

       「これで失敗しない!有料老人ホームの賢い選び方」を出版

ホームページ: https://mymorinda.com/2850896/jp/home


  たまプラーザ    
POLA cherilia 美しが丘

        225-0002 横浜市青葉区美しが丘 2-20-6 フォーレスト203

                          Tel: 045-507-6812

                     相原みのりさん フル―テイスト(岡村考二 フルート教室)


POLA化粧品販売、スキンチェック、エステ

ホームページ: https://www.pola.net/b/pola/info/20182



藤が丘 
  TTプランニング

        227-0051 横浜市青葉区千草台25-5  ライオンズプラザ藤が丘 A6

                   Tel/Fax: 045-973-5281 

            田代勇夫   フルーティスト(岡村考二 フルート教室)

        

   ホームページ:    http://tashiroi.com


.「人間とは何か」参考文献